アカウントアグリゲーションの紹介

こんにちは、マネックス・ラボです。

クリスマスから年末年始と続き、何かとお金の出入りが激しい時期ですが、皆様はお金の管理はどのようにしていますか?
今回ご紹介するマネックス・ラボのサービスはこちら!
MONEX ONEです。

f:id:monex_engineer:20190116091301p:plain

https://info.monex.co.jp/monexlab/one/index.html

MONEX ONEとは

MONEX ONEは、保有する複数の金融機関口座などの情報を集約し、画面に一括表示する「アカウントアグリゲーション」と呼ばれるサービスです。

マネックス証券以外の他社の証券や銀行の口座、クレジットカードの引落し、電子マネーの残額、確定拠出年金、電気代・水道代と生活の様々なお金の管理ができます。
さらに昨年からは仮想通貨の管理もできるようになりました。

アカウント情報を事前に登録しておくことで、複数の口座へアクセス・ログインする手間が省け、残高が把握できるようになります。

設定の手順

今回は、MONEX ONEに証券口座とクレジットカードを連携して、家計管理する方法をご紹介します。

1.まずは初期設定。全220サイト(2019年1月現在)から登録できます。

f:id:monex_engineer:20190116091526p:plain

2.ログインIDとパスワードを登録すると、

f:id:monex_engineer:20190116091546p:plain

3.口座情報を取得できました。更新をすると最新情報が表示されます。

f:id:monex_engineer:20190116091601p:plain

4.クレジットカードも同様に登録すると、一度に確認できるようになります。

f:id:monex_engineer:20190116091617p:plain

マネックス証券に口座をお持ちの方は、無料でご利用いただけます。

こんな使い方はいかがでしょうか

MONEX ONEでは、証券口座、銀行口座を登録されている方が多いですが、
使い方に応じて登録する金融機関を選択することもできます。

例えば、家計簿として利用する場合は銀行口座、電子マネー、ポイントカード、
資産状況の把握であれば、証券口座、確定拠出年金など登録するといいかもしれません。

出費がかさむ時期だからこそ、MONEX ONEを活用して収入・支出をしっかり把握してみてはいかがでしょうか。

渡瀬 桂システム開発マネックス・ラボ