初級エンジニアも安心!マネックス証券入社後の研修プログラム 〜プレ開発編〜

こんにちは。システム開発部の唐津屋です。

今回はシステム開発部で用意されている研修プログラムのうち、
システム開発部内で「プレ開発」と呼ばれているプログラミング研修の話をさせて頂きます。

プレ開発とは

「プレ開発」とは、実際の開発の前に行われる研修プログラムの1つです。

システム開発部内で作った独自プログラムで、受講も必須ではなく、軽い気持ちで受けられます。受講対象の定義はありませんが、プログラミング初心者向けでも進められるよう作られています。

プレ開発の主な目的は以下となります。

  1. 手順をもとに環境構築から行い、開発ツールの操作に慣れていく。
  2. プログラミングの基礎を、実際に画面を動かしながら覚えていく。
  3. マネックス証券のシステムの癖を知り、理解していく。

3については、プログラミング初心者でなくても知っておいた方が良いため、
新人・中途・プログラム経験有無に関わらず、今まで多くの人が業務時間内で受けています。

プレ開発は開発する領域毎に用意されていますが、ここでは一番実績がある
お客様用WEB画面のプレ開発についてお話します。

お客様用WEB画面の癖

お客様用WEB画面は、お客様が弊社システムにPCで利用される際に使われる画面・システムで、株・信用をはじめ、各種注文等を行う重要なシステムになります。

プログラミング言語Java、DBはOracleで主に作られています。

ここまでの情報だとごく一般的なシステムですが、独自フレームワークで色々と癖がある、まさしくクセ者です。

フレームワークを使うことで開発工数を大幅に削減できる等、多大なメリットがあります。
詳細は割愛しますが、一般的ではないフレームワーク関連の用語や実装方法も出てくるため、プログラミング経験者の方も最初は戸惑われるかもしれません。

その癖を知り、理解していくのがプレ開発の目的の1つです。

お客様用WEB画面のプレ開発

それでは実際の画面を見てみましょう。

開発用画面なので、実際の画面と比べ情報が差異があるのはご容赦頂くとして、
下の画面がプレ開発で行う作業の1つ、既存画面の修正例(リンクの追加:赤枠部分)です。

■ プレ開発での画面修正例

f:id:monex_engineer:20191010101644p:plain
そして下の画面はプレ開発で作る新規画面です。明らかにテスト感が漂っていますね。
検索ボタンを押すと、実際にDBにアクセスし、データを取得、表示する処理も作ります。

処理自体はシンプルで難しいものではありませんが、
独自フレームワークの仕組みに沿って作ると、20ファイル程度の修正・作成が必要だったりします。

 

■ プレ開発での新規画面作成例

f:id:monex_engineer:20191010101710p:plain
実際の開発では、画面・処理の修正が頻繁に行われますので、
プレ開発で色々手を動かし(時には悩み)、少しずつシステム開発に慣れていきましょう。

 

f:id:monex_engineer:20190917125415p:plain
唐津屋和喜システム開発部 開発グループ

自社開発の証券基幹システムの5年後、10年後を考えてみた

f:id:monex_engineer:20191101124647j:plain

こんにちは。開発グループの田中です。
第2回アイデアソンが終わり、運営事務局の方に発表の様子を記事にしてもらいました。


私たちマネックス証券システム部門では、2019年9月28日(土)第2回アイデアソンを開催しました。

 

今回のテーマ

f:id:monex_engineer:20191029132519p:plain

『GALAXY』とは、数年間の開発期間を経て2017年1月にリリースしたマネックス証券の自社開発基幹システムの名称です。GALAXYは私たちの手で自由に変更することができ、現在、内製化を全力で推進中です。

システム、サービス、体制、ルールなど、GALAXYにかかわっているものであればどんなアイデアでもOK!というのが今回のテーマです。

2年後、3年後の未来だと、「これは今からでは間に合わないのでは?」とか、「いま考えていることが通用しないのでは?」といった考えにとらわれてしまうかもしれません。

でも、5年後、10年後、このシステムがどうなっているのか。まったく想像もつかない環境のなかにあるかもしれないこのシステムの未来を、自由な発想でどうしたいか考えていきます。

 

発表内容のご紹介

11組(13名)の発表内容を簡単にご紹介します。5年後、10年後だったら実現できるかも!?

f:id:monex_engineer:20191029143012p:plain

 

発表の様子

今まで定量化してこなかった分野を定量化し、コストを見える化しようとする試み。日常的に起きているヒヤリハットから障害を防ぐ展開は保守担当ならではのアイデア

f:id:monex_engineer:20191101124223j:plain

前回(第1回)よりも質問や疑問、意見が積極的に交わされました。

f:id:monex_engineer:20191101124715j:plain

みんな大好き三国志に例えて、新しい職種と新しいビジネスモデルの提案。

f:id:monex_engineer:20191101165120j:plain

こちらはガンダムになぞらえて「上流と下流で考え方が違うよね」。システムのスリム化に向けた具体的なシナリオを提案されました。

f:id:monex_engineer:20191101124805j:plain

マネックスポイントを仮想通貨に発展させた金融商品マネックスポイントコイン」の将来性について、活発な議論が展開されました。

f:id:monex_engineer:20191029135512j:plain

イデアを実現するための課題と解決についても具体的な話し合いが行われました。

f:id:monex_engineer:20191101124838j:plain

一番左が社長の清明です。

VRゴーグルを着けて下のほうを向くと株価が下がっている銘柄が見えます。5年後、10年後と言わず、今年度中にリリースできるか!?

f:id:monex_engineer:20191029135616j:plain

 

結果発表

実用レベルに近い実装でマーケット情報をVRで「魅せた」発表が、第1位となりました。

f:id:monex_engineer:20191101124859j:plain

 

土曜日の午前11時から始まり、午後7時まで丸1日かけて行われた第2回アイデアソン。

今回は1~2年以内に入社した内製化を推進するメンバーが、新鮮な気持ちで、システムをどうすればよいか具体的に発表されているのがとても印象的でした。

次回はアイデアソン参加メンバーの感想をご紹介したいと思います。

 

第1回アイデアソンの様子はこちらからご覧いただけます。

blog.tech-monex.com

blog.tech-monex.com

 

私たちマネックス証券は、業界でも例を見ない証券基幹システムの内製化に取り組み、数年間の開発期間を経て2017年1月に自社システム「GALAXY」をリリースしました。

自社システムを持つメリットは、開発が低コストでスピーディーになり、ノウハウを社内に蓄積することはもちろん、社員が必要と思うのものを社員の手で実現できるようになることです。

自分たちの手で運用・開発を行うために、社員の専門性を高める努力をしています。
勉強会、アイデアソン等の開催を通し、普段の業務では交流のないメンバーと一緒に作業したり、新技術の知見を深める取り組みも行っています。
社外の研修にも積極的に参加が奨励され、学ぶ意欲に応える環境があります。


いかがでしたか?

僭越ながら第一位になれて嬉しいです!
人よりも経験がない分時間をかけ、才能がない分周りの協力を得た結果だと思っています。

こういった取り組みがされていることを知って、弊社にご興味を持っていただけたら幸いです。

田中 妙佳システム開発部 開発グループ

iDeCo開発担当者がiDeCoについて調べてみた

こんにちは。システム開発部の余(Alan)と申します。

私は2014年にマネックス証券に入社しました。

前職は投信基幹システムの開発業務を担当しておりましたが、、
当時、マネックス証券の内製化開発ポジションの募集が目に留まり、開発だけでなく業務サイドにもより深く関われるのではと思い、入社を決めました。

入社直後は前職で培ったスキルを活かして画面修正の開発を数か月程度行いながら、証券基幹システムの理解を深めていきました。

システムに慣れたところで株式の小規模な案件で初めてPMを担当することになり、苦労しながらもPM経験を積んでいきました。
その後、得意領域である投信やNISA、iDecoなどの案件をPMとして主に担当しています。

ところで最近、老後の資金2,000万円問題がニュースで話題でしたね!

…老後に2,000万円の貯蓄をどうやって貯めようか必死に考えています。

そんな中、ちょっと思いついたのがiDeCo(個人型確定拠出年金)です。

iDeCo(イデコ)ってなに?

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは『自分で作る年金制度』のことです。

iDeCoの詳細についてはこちらを参照ください↓↓

www.dcnenkin.jp

iDeCoを開発してみた!

マネックス証券でも2017年9月末頃にiDeCo(個人型確定拠出年金)の受付を開始しておりますが、システム開発側の一員として、業務スキームの新規構築、システム対応の推進などに関わりました。

こういう制度関連の開発は内外ともに関係者が多いことが特徴の一つかもしれません。

外部の関係者は国民年金連合会、レコードキーパー、印刷会社…

社内関係者も受付部署、事務部署、コールセンター、コンプライアンス部門、デザイン部門等多くの業務部門が関わりました。

中でも開発ベンダーはフロント・バックそれぞれ複数ベンダーでの対応となり、プロジェクトを円滑に推進するために各関係者間のスケジュール管理、情報共有、タスクの振り分け等に苦労しました。。。

でも、幸いにも遅延なくリリースでき、楽しく打ち上げをしました!

iDeCoをやってみた!

iDeCoでは、定期預金・保険・投資信託といった金融商品があらかじめ用意されています。この中から自分で金融商品を選んで、自分で運用します。

私自身も加入者の一人ですが、どの商品を選べばいいのかが、困っていました。とりあえず、元本が保証される銀行預金や価格変動リスクの低い保険商品を選んでみました。

やはり、当たり前ですがハイリスクの商品などに比べればなかなか増えない…。

そこで、最近は日経平均株価が割高のときは運用資産はすべて預金にして、低いときはインデックス型投資信託に変えればいいか!と方針転換をしてみました。

結果は…まだわかりません。

外国のiDeCoは?

選べる商品が多いと、選択肢が広がって個人に適した資産形成ができるのはメリットですが…悩みます。。外国の確定拠出型年金の制度をすこし調べてみたら、意外に提供商品が少ない!!

ほとんどの国では一桁ですが、日本はなんと!運用商品数は35本!(iDeCoの制度改正後)こんなに違いがあるのか~とびっくりです。

f:id:monex_engineer:20191001111051p:plain

でも、これなら私にとっては悩まず、選択しやすいかな?とも思いましたが、人それぞれです。

職場のグローバル化

最後に…最近、職場にペルー出身の仲間が増えました。スペイン語のこんにちは(Hola)を覚えなければならないですね。

(発音は「ホラ」より「オラ」に近いそうです。)

私自身も中国の杭州出身で、今度中国語で挨拶されたら嬉しい!

杭州はとてもきれいな観光都市です。海からは約200キロ、中国の友人からは上海に近いねって言われます。中国広いですね。

西湖(せいこ)

杭州市にある湖です。

f:id:monex_engineer:20191001112205p:plain


2011年に世界文化遺産として登録されました。