JavaScriptフレームワークについて

f:id:monex_engineer:20181204113031j:plain

f:id:monex_engineer:20181211131845j:plain

こんにちは、マネックス・ラボです。

今回は趣向を変えて、マネックス・ラボでも利用しているJavaScriptフレームワーク、特に2018年現在三大JSフレームワークと言われている「Angular」「React」「Vue.js」の簡単な解説をしたいと思います。

 

JavaScriptフレームワークについて

開発元

  • AngularGoogleおよびコミュニティ
  • ReactFacebookおよびコミュニティ
  • Vue.js:個人(元Googleのエンジニア)およびコミュニティ
  • Vue.jsは個人が開発しているのが特徴的ですね。

 

言語

AngularReactVue.jsJavaScriptが使用可能ですが、Angularは拡張言語のTypeScriptを推奨しております。

 

それぞれの特徴やメリット・デメリット

  • Angular:2009年開始。総合フレームワークであり、大抵のことはなんでもできる。が反面設計が固く、また範囲外のことをやろうとすると融通が効かない。開発規模が大きくルールを持ち、プロジェクトを進める必要がある場合には、とても向いている。TypeScriptを利用する場合にはイチから学習するコストがかかる。
  • React:2011年開始。総合フレームワークではなくViewに特化しているため、導入が容易。
  • Vue.js:2014年開始。GoogleFacebookと比べると、どうしても開発元の規模は小さめ。HTML、CSSJavaScriptの基礎を知っていれば学習コストは低い。Angularほどではないが、Reactよりも範囲の広い総合フレームワークとなっている。

 

それぞれ一長一短あり、一度採用した後のリプレイスは大変なため、どのような規模のプロジェクトなのか?プロジェクトメンバーのスキル等を勘案して総合的に判断する必要があります。

 

マネックス・ラボでは

ちなみにマネックス・ラボのサービスでは、開発着手をしたタイミングで、流行っていたフレームワークという理由で、マネックスアドバイザーとMONEX VISIONでは、「React」Monex Viewでは「Angular」を採用しております。

新しい技術をどんどん試したいという方は、マネックス・ラボはおすすめの部署です!

 

 

 

ソフトウェアの会計処理

f:id:monex_engineer:20181011145309p:plain

こんにちは!

今日は少し視点を変えて、ソフトウェアの会計処理について書きたいと思います。
ざっと大枠だけ。。(^^;;

マネックス証券は2017年1月に新システムでの運用に切り替えを行い、システムの内製化をスタートさせました。

※詳しくはこちら↓
https://thinkit.co.jp/article/12761

システムの内製化に伴い、ソフトウェア等の会計処理についてもこれまで以上に正確に処理することが求められています。

とはいっても、会計上のソフトウェアとはどういうものなのか。

経理業務をしていなければあまり知らないかもしれません。
(実際に私も理解できていませんでした。。。)

1.会計上のソフトウェアの位置づけを理解!

一般的な会社は色々な資産を保有しています。大きく分けると以下3つに分類されます。

f:id:monex_engineer:20181126160522p:plain


ソフトウェアはメディアなど媒体は存在しますが、PC等にインストールして使用するものなので、図の通り「無形固定資産」として扱われるのです。

2.会計上のソフトウェアって??


実はソフトウェアは法律などで明確に定義されてはいませんが、一般的には

 

『コンピューターを使って、一定の仕事をするプログラム』
『システム仕様書、フローチャート等の関連文書』

 

ということになります。 

※以下参照
『研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針』
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/files/2-11-12-2-20110704.pdf

ポイントは関連文書も含まれる、という点でしょうか。

3.償却期間って??

ソフトウェアといってもその目的は様々なものがあります。
会計処理の方法もその目的ごとに変える必要があります。
まず、法人が所有するソフトウェアはその目的に応じてこのように分類されます。

 

f:id:monex_engineer:20181126160428p:plain


4.減価償却とは?減価償却とは資産を取得する際の一時的な費用を、耐用年数(その資産が使える年数)に応じて分割(均等化)して計上することです。
分割方法は資産によって様々ですが、ソフトウェアなどの無形固定資産については「定額法」のみです。

         f:id:monex_engineer:20181126160559p:plain

ちなみに「自社利用目的」と「販売目的」の定義はこちら↓

 

f:id:monex_engineer:20181126160644p:plain

 

分かりにくいので例をあげてみます。例:2018年11月に100万円のサーバーを購入。 2018年の費用に100万円全額を計上してもよさそうですが、サーバーは1年のみではなく継続的に使用するので、使用年数に応じて計上していきます。
そして資産は購入した時の金額で評価されて計上されますが、モノは時とともに使えば使うほど劣化していき、価値は減ってきますね。
そうすると100万円のサーバーも5年後には税務上は価値が「0」となるのです。さて、それではいつから減価償却を開始するのでしょうか。
開始時期は、有形固定資産と無形固定資産で異なります。

 

f:id:monex_engineer:20181126160717p:plain

 

有形固定資産は業務に使用した月から減価償却が開始されるため、「買ったまま放置」してあるようなものは減価償却ができません。一方、無形固定資産は購入した時から減価償却が開始されるため入手した時から減価償却の対象となります。
なぜかというと、ソフトウェアは技術等の情報の塊です!実際にそのソフトウェアを使用するかどうかよりは、持っているだけで価値が大きいと考えられるためです。

f:id:monex_engineer:20181126160812p:plain

 

f:id:monex_engineer:20181126160851p:plain

 

 本当に大枠だけで逆に分かりにくかったかもしれません。。会計処理のことは開発をしていく中ではあまり関連がないように思えますが、会社として開発を進めていく中ではとても重要になってくるので、少しずつですが学んでいきたいと思っています!

 

    

MONEX VIEW βについて

f:id:monex_engineer:20181010142851j:plain

 

こんにちは、今回はマネックス・ラボのサービスの1つであるMONEX VIEW βについて説明します。

MONEX VIEW βは、お客様の資産推移を履歴で表示するサービスとなります。

マネックス証券に口座開設をした時点からの資産推移をチェックできる優れもののサービスです。

 

MONEX VIEW β/マネックス証券 

 

マネックス証券口座の資産推移を表示

特徴としては、商品別、資産クラス毎に推移を確認することができます。

例えば、推移自体は右肩上がりで順調に増えていますが、どの商品の要因で資産が増えたのかを把握することができます。

 

f:id:monex_engineer:20181113110106p:plain

 

資産推移を指数と比較することも可能

また、日経平均TOPIXの指数とも比較をすることができ、 パフォーマンスが相対的に

好調であったかを理解することができます。

 

f:id:monex_engineer:20181109172953p:plain

 

このように、自分の投資の振り返りを様々な角度で行うことができ、今後の投資の参考にすることができます

 

外国株も対応

2018年7月からはMONEX VIEWβ米国株中国株の残高もチェックできるようになりました。

今後も多くのお客様に使っていただけるように対応商品の拡充やUI改善等を積極的に行っていきます。

 

www.monexgroup.jp

テックBBQ

f:id:monex_engineer:20181024170843p:plain

こんにちは、開発グループの田中です。

先日、テックBBQが行われました。
同期に「テックBBQをやる」と言ったら「最先端の技術を駆使してBBQをするのか!?」
と驚かれましたが、そうではなく「当社のシステム部門の人たちでやるBBQ」のことです。

社員だけでなくご家族の参加もあり、同僚の普段見られない一面を見られ、楽しい会となりました。
その様子をご紹介させていただきます。

 

 

f:id:monex_engineer:20181109174402j:plain
当日の水温は13.2℃でしたが、
私には温度感覚機能がまだ実装されていないため、
ずっと川に入っていました。

 

 

f:id:monex_engineer:20181109174545j:plain
子供への影響範囲考慮漏れがあり、
ずっと大岩から飛び降りている二児の父もいました。

 

 

f:id:monex_engineer:20181109174624j:plain
河原ではボンバーマン大会が開かれましたが、
有識者不足により誰もルールがわかっていませんでした。

 

 

f:id:monex_engineer:20181109174655j:plain
これらの結果、お子さんに「なんだ、この大人達は」
という顔で見られるインシデントが発生しました。

 

 

f:id:monex_engineer:20181109174926p:plain
楽しかったエビデンスとして、集合写真を添付いたします。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


マネックス証券では、ビジネスSNSWantedly」上でも求人・ブログを公開しています!
ぜひご覧ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

企画・設計グループ

f:id:monex_engineer:20181011145309p:plain

 

こんにちは!

前回のラボ、開発Gに引き続き、今回は企画・設計Gの自己紹介をさせていただきます。

マネックス証券は数々の商品を提供させていただいておりますが、それらの機能をお客様にご提供するまでが私たちのグループの仕事です。

一言に「商品」といっても新しい機能に限ったことではありません!

これまでにあった商品の制度が変わったり、追加されたり…または、そもそもその制度が無くなったりなんてこともあります。

そうした変更、追加、削除の対応も私たちの仕事になります。

もちろん、お客様からのご要望に沿って、従来のシステムをより使いやすく手を加えることもメインの仕事の一つです。

たとえば、こんな感じです。

● 信用シミュレータ
 ⇒ 信用取引の保証金維持率をWEB画面上でシミュレーションできるようにする

● 平均取得単価改善
 ⇒ 平均取得単価や評価単価、概算評価損益などが勘定年別単位に表示できるようにする

● 口座開設をスピード化!
 ⇒ 証券総合取引口座に開設申請後、すぐに一部のサービスが体験できるようにする

あとは
脆弱性に対する対応も随時行っています。

まだまだ他にもいろいろな案件があります!

順次、ご紹介させていただきますので、お楽しみに!

 

Eclipseがeclipseしたかったもの

f:id:monex_engineer:20181016133321p:plain

こんにちは。システム開発部の牛崎です。

人や会社の名前には由来があったり、願いが込められていますよね。ソフトウェアもまた同様です。
そこで今回は、主にJavaの開発で広く使用されているIDE (統合開発環境)「Eclipse」について少しお話したいと思います。


マネックス証券の基幹システム「GALAXY」はJavaで開発されており、IDE にはEclipseが採用されています。EclipseIntelliJ IDEA・NetBeansと並び広く使われているIDEであり、Java経験者であれば1度はその名を耳にした事があるのではないでしょうか。

 

f:id:monex_engineer:20181018085338p:plain
EclipseIBMによって2001年にオープンソース化されたソフトウェアで、英単語として「日蝕」という意味があります。
どんな意図でEclipseとしたのか気になって調べてみたのですが、これは競合製品であったMicrosoft Visual Studioを蝕むという願いが込められた名前なのだそうです。
当時JavaNetBeansの開発元であったSun Microsystemsは、この名前を良く思っていなかったようですね。日蝕はSun (=太陽)を蝕む現象ですから、無理もありません。

▼下記参照(英文記事)


Eclipseは現在3ヵ月毎にバージョンアップされ、バージョンはリリース日が付けられています。

以前のEclipseは毎年6月にバージョンアップされており、3.2以降の各バージョンには天体や科学をテーマとしたコードネームが付けられていました。
Oxygen・Photonなど元素や光子であったり、その前はLuna・Marsといった天体、もっと前はガリレオ衛星の名前もありました。
Debian (Linux)はトイ・ストーリーのキャラクター、Mavericks以前のMac OS Xがネコ科の動物など、遊び心を感じるコードネームは面白いものです。

 

ところで、GALAXYは銀河という意味ですね。
GALAXY関連のサブシステムやモジュールの名前が天体や宇宙関連の用語になったら、その名の通り銀河感が出て面白そうだなと思うこの頃です。

 

マネックス・ラボの取り組み

f:id:monex_engineer:20180925132204j:plain

こんにちは!マネックス・ラボの斎藤です。

普段、何をやっているのかわかりにくいネット証券の中の様子を少しでもわかりやすくお伝えできればと思います。
まずは、システム開発マネックス・ラボがどのようなことを行っている部署なのか簡単にお伝えします。

 

マネックス・ラボはアジャイル型開発している部署

マネックス・ラボは個人投資家の資産形成をサポートするツールをアジャイル型開発している部署となります。マネックス・ラボにはプランナー、エンジニア、デザイナーがおり、一部署でサービスを開発できる必要要素が詰まっている組織となります。

www.sbbit.jp

 

 

サービスの紹介

個人投資家の資産形成をサポートするツールとは何か?具体的には、以下のサービスの開発運用を行っております。

 

 

細かい説明は、後日のblogで説明をするとして、主には、個人投資家に対するアドバイスや投資の意思決定時にあると便利な機能を提供しております。

現在はマネックス証券内でのWebサービスが中心ではありますが、answerはスマートフォンアプリでの提供となっており、新しい顧客インターフェースの開発の取り組みも積極的に行っております。

 

マネックス・ラボでは、まだまだ投資が一般的なものになっていない日本で個人投資家を増やすために新しいサービスの開発、既存サービスのエンハンスを今後も積極的に行っていきます。

プランナー、ディレクター、デザイナーについては絶賛募集中です!

積極的なご応募お待ちしております。