Prefix・Suffixから見るコンピュータの言葉

f:id:monex_engineer:20191125101735p:plain

こんにちは。システム開発部 開発グループの牛崎です。

大学時代に初めてSubversionを使った時、世の中にはこんなに便利なツールがあるのかと衝撃を受けたものでした。
Subversionの意味が「破壊・転覆」と知った時はなるほどなと思いましたし、同じバージョン管理ツールであるGitの意味が「馬鹿者」と知った時は何でだろうと思ったものでした。

以来、自分自身が触れるツールやコマンドの名前の意味を調べるのが習慣になっているのですが、似たPrefix (接頭辞)・Suffix (接尾辞)を持つ英単語が多いなと。
そこで今回はソフトウェアの世界で使われている単語・言葉のPrefixとSuffixについて、少しお話しようと思います。

 

ソフトウェアの世界で使われる単語・言葉には、よく見るPrefixとSuffixがあります。

例えば、Restart・Reload・ResetのReや、Immutable・Nullable・Runnableable等は、コマンドやプログラミング言語のクラス名で見たことがある方も多いのではないでしょうか。
Reは「再び」、ableは「~可能」のような意味を持つわけですが、同じPrefixやSuffixを持つ英単語は似た意味を持っていたり、語源が同じだったりする事があります。

 

Algorithm (演算法)・Alt (Alternate: 交互に変わる)・Alias (別名)は変化を表す英単語で、AlというPrefixを持ちますが、Alはアラビア語の定冠詞だったりします。
これは中世のアラビア語圏の科学が発達していた事に起因するのだそうです。そう聞くと、Alcohol (アルコール)・Alkali (アルカリ)がAlから始まるのも分かります。

僕はUNIX/LinuxテキストエディタとしてVimを使いますが、標準設定としてviがvimのAliasになっているのをよく見ます。viで呼び出しているのはvimという事ですね。

 

Terminal (末端)・Term (期間)・Terminate (終わらせる)は終了を表すTermというPrefixを持ちます。
コンピュータのTerminalはIOを司る端末 (のTerminal Emulatorである事が殆どですが)として、人間との接点となります。
一般的なTermを考えても、Terminal Stationは路線の末端ですし、
映画のThe Terminatorも終わりをもたらすロボットが登場しますね。

Archtecture (構造)・Archive (記録)・Hierarchy (階層)のPrefix・SuffixであるArchは支配を語源としています。
エンジニアの中でも、Architectと呼ばれる方はシステムの構造を支配していますね。構造はシステムの良し悪しに明確に表れてしまうので、重要なポジションです。

第13回 英語に忍び込んでいるアラビア語|楽しく英語を学ぶ|DHC総合教育研究所

 


普段何気なく使っている言葉の意味を追ってみると、意外な発見があるかもしれません。開発技術を楽しく学習できる、自分なりの工夫が出来ると良いですね。
僕はGUIよりCUIの操作が多く、コマンドの意味を知らないで使う事に若干抵抗があります。性分かもしれませんね (^^;