新しいプロジェクトやシステムのネーミングって

新しいプロジェクトやシステムのネーミングって悩みますよね・・・。

みなさん、どうやって名づけをしてますか? 

こんにちは、システム開発部の野崎です。

マネックスインサイト」というプロダクトに関わって、早、んー年になります。

このプロダクトは、マネックス証券のお客様に、株価など、マーケット情報全般をご提供するシステムです。

・・・というと、よくある情報システムなのですが、2011年に米国のトレードステーション社(TS社)がマネックスグループ傘下になった後、米国の開発者とコラボして、ゼロから作り上げた初めてのシステム、という側面もあります。

インサイト」以外にも、TS社と共同で開発したプロダクトとしては、米国株取引システムや「トレステ」でお馴染みの日本株取引ツールがあります。

↓詳しくはこちらをどうぞ。

マネックス証券の米国株 

https://info.monex.co.jp/beginner/us-stock/index.html

トレードステーション(トレステ)
https://info.monex.co.jp/tradestation/

 現在も、米国・東京それぞれに常駐する開発者とコミュニケーションをしながら、日々改善を行っています。

一緒に開発を進めるメンバーもアメリカを始め、コスタリカウクライナ、イギリス、フランス、ペルー、中国、・・・とかなりグローバル。

英語が飛び交う赤坂オフィスの一角は、さながら「NASA」のようと言われたことも。

「グローバルな環境で開発してみたい!」という方にはもってこいの環境です!(歓迎!)

リリースまでの苦労話や、日々のコミュニケーションのコツなど、語ることはいろいろあるのですが、今回は、本題にもどって、システムのネーミングの話を。

 浅草のお好み焼き屋「Sometaro」

ところで、インサイトで最初に開発したシステムは 「Sometaro」と言います。

それは、浅草にある「染太郎」というお好み焼きやさんの名前。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003710/

インサイトのプロジェクトを開始した頃、TS社のプロジェクトリーダーから、

「新しいシステムのコード名が必要なんだけど、全知全能の神、"ゼウス"とかどう?」
と聞かれました。

(えっ・・・そんな大げさな名前・・・。)

初めての米国開発者とのプロジェクトで不安でいっぱいの中、ゼウス、は正直、重過ぎました。

当時の上司と相談したところ

上司「ん~、TS社のメンバーが東京に来たときに、一緒にいった浅草のお店なんだっけ?」

 「染太郎、ですか?」

上司「それでいいんじゃない?」

という、ゆるーいアドバイスの元、エイやで「Sometaro」に決まりました。

f:id:monex_engineer:20190206065436p:plain

 「水」に関連した遊び心のネーミング

その後、インサイトで開発したシステムは、「水」に関連した名前が付けられました。

  • Floodgate(水門)
  • Faucet(蛇口)
  • Reservoir(貯水池)
  • Basin(盆地)
  • Watershed(流域)
  • Yacht(ヨット) などなど

発案者のTS社 開発リーダーによると、

自分の子供に「お父さんはなんのシステム作ってるの?」って聞かれたとき

「リアルタイム情報システム」・・・って、ぜんぜん面白くないじゃない?

「Floodgate(水門)やFaucet(蛇口)だよ」って言ったら

子供が「なにそれ~!おもしろそ~!」って興味もつでしょ?

だから、キャッチ―で、遊び心のある名前にしたかったんだ。

とのことでした。「リアルタイムデータを流す」というイメージから発想したようです。

その後も、新しいシステムを開発するたび「ネーミングどうしようか?(水しばりで)」

という議論が、開発チームの中では、楽しい話題となっています。

そんな中、最初に名づけた「Sometaro」だけが異彩を放っていくのですが、
「そういえば、お好み焼きも、粉と水でできているなー。」

とある日気づきました。

それ以来、人に説明するときは、

「バラエティ豊かな具(情報)を、粉と水でまとめて食べられる、お好み焼きのような、おいしいシステム!」

という、いい感じの説明をしています。

 

f:id:monex_engineer:20190209142603p:plain

Makiko Nozakiシステム開発部 企画・設計グループ

Progateを使ってみて

初めまして、リスク・マネジメント部のキンケンです。
開発とは直接関連の無い部署ですが、個人的にプログラミングに興味があり
『Progate』で学習を始めてみました。

私の最近のマイブームは『Progate』のレベル上げで、
Progateとはプログラミング初心者向けのE-ラーニングサービスです。
いくつかの言語を触ってみて、初心者なりの感触のお話ができればと思います。

 

プログラミングに興味を持ったきっかけ

文系出身の私は、学生の頃から黒い画面にブラインドタッチで白文字を打ち込むエンジニアに対して、強い憧れを抱いておりました。

当時はアメリカ帰りの元oo.incのエンジニアが「母国で起業」のブームまっただ中で
理系大学の学生が自作プロダクトを用いて、有名IT系企業のインターン枠を獲得していました。
**筆者は中国出身です。そういう背景もあり、私もプログラミングが書けるようになりたいと脳の奥底で思っておりました。

始めたきっかけはTwitterです。初心者がプログラミング言語を学ぶならProgateが良い。というつぶやきに従って、即刻登録しました。

 

パラメーター

Progateは習熟度をパラメーター形式で確認できます。
私の現在のパラメーターはこのような感じで、
鳥のシルエットに見えてなんとなく気に入っております。
f:id:monex_engineer:20180927140201p:plain
レッスンを進めれば進めただけ
確実にレベルが上がる、という点がモチベーションを高めてくれ、
大変よくできたサービスだと思います。

現在はRuby、Ruby on Rails5、Command Lineを勉強中です。

 

わかりやすかった言語

Goが一番わかりやすかったです。簡単な英文のようで、またエラー文の意味も分かりやすかったです。その次にPythonです。Pythonの特徴はインデントである。ということをどこかで見た気がしましたが、まさにその通りだと思いました。

 

まとめ

結論から言うと、まだ何を作るということはできておりません。一方で、書籍などで学ぶより確実に継続できます。スライド形式のわかりやすい説明と、実際に書いて学ぶことができるため、挫折しないサービス設計になっているのかなと思います。

f:id:monex_engineer:20180927130729p:plain

 

Progateはプログラミングに挑戦したい初心者にとって、非常にやさしいサービスだと思います。
最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

f:id:monex_engineer:20181227144402p:plain

金 賢(キン ケン)リスク・マネジメント部

アカウントアグリゲーションの紹介

こんにちは、マネックス・ラボです。

クリスマスから年末年始と続き、何かとお金の出入りが激しい時期ですが、皆様はお金の管理はどのようにしていますか?
今回ご紹介するマネックス・ラボのサービスはこちら!
MONEX ONEです。

f:id:monex_engineer:20190116091301p:plain

https://info.monex.co.jp/monexlab/one/index.html

MONEX ONEとは

MONEX ONEは、保有する複数の金融機関口座などの情報を集約し、画面に一括表示する「アカウントアグリゲーション」と呼ばれるサービスです。

マネックス証券以外の他社の証券や銀行の口座、クレジットカードの引落し、電子マネーの残額、確定拠出年金、電気代・水道代と生活の様々なお金の管理ができます。
さらに昨年からは仮想通貨の管理もできるようになりました。

アカウント情報を事前に登録しておくことで、複数の口座へアクセス・ログインする手間が省け、残高が把握できるようになります。

設定の手順

今回は、MONEX ONEに証券口座とクレジットカードを連携して、家計管理する方法をご紹介します。

1.まずは初期設定。全220サイト(2019年1月現在)から登録できます。

f:id:monex_engineer:20190116091526p:plain

2.ログインIDとパスワードを登録すると、

f:id:monex_engineer:20190116091546p:plain

3.口座情報を取得できました。更新をすると最新情報が表示されます。

f:id:monex_engineer:20190116091601p:plain

4.クレジットカードも同様に登録すると、一度に確認できるようになります。

f:id:monex_engineer:20190116091617p:plain

マネックス証券に口座をお持ちの方は、無料でご利用いただけます。

こんな使い方はいかがでしょうか

MONEX ONEでは、証券口座、銀行口座を登録されている方が多いですが、
使い方に応じて登録する金融機関を選択することもできます。

例えば、家計簿として利用する場合は銀行口座、電子マネー、ポイントカード、
資産状況の把握であれば、証券口座、確定拠出年金など登録するといいかもしれません。

出費がかさむ時期だからこそ、MONEX ONEを活用して収入・支出をしっかり把握してみてはいかがでしょうか。

渡瀬 桂システム開発マネックス・ラボ