JavaScriptフレームワークについて

f:id:monex_engineer:20181204113031j:plain

f:id:monex_engineer:20181211131845j:plain

こんにちは、マネックス・ラボです。

今回は趣向を変えて、マネックス・ラボでも利用しているJavaScriptフレームワーク、特に2018年現在三大JSフレームワークと言われている「Angular」「React」「Vue.js」の簡単な解説をしたいと思います。

 

JavaScriptフレームワークについて

開発元

  • AngularGoogleおよびコミュニティ
  • ReactFacebookおよびコミュニティ
  • Vue.js:個人(元Googleのエンジニア)およびコミュニティ
  • Vue.jsは個人が開発しているのが特徴的ですね。

 

言語

AngularReactVue.jsJavaScriptが使用可能ですが、Angularは拡張言語のTypeScriptを推奨しております。

 

それぞれの特徴やメリット・デメリット

  • Angular:2009年開始。総合フレームワークであり、大抵のことはなんでもできる。が反面設計が固く、また範囲外のことをやろうとすると融通が効かない。開発規模が大きくルールを持ち、プロジェクトを進める必要がある場合には、とても向いている。TypeScriptを利用する場合にはイチから学習するコストがかかる。
  • React:2011年開始。総合フレームワークではなくViewに特化しているため、導入が容易。
  • Vue.js:2014年開始。GoogleFacebookと比べると、どうしても開発元の規模は小さめ。HTML、CSSJavaScriptの基礎を知っていれば学習コストは低い。Angularほどではないが、Reactよりも範囲の広い総合フレームワークとなっている。

 

それぞれ一長一短あり、一度採用した後のリプレイスは大変なため、どのような規模のプロジェクトなのか?プロジェクトメンバーのスキル等を勘案して総合的に判断する必要があります。

 

マネックス・ラボでは

ちなみにマネックス・ラボのサービスでは、開発着手をしたタイミングで、流行っていたフレームワークという理由で、マネックスアドバイザーとMONEX VISIONでは、「React」Monex Viewでは「Angular」を採用しております。

新しい技術をどんどん試したいという方は、マネックス・ラボはおすすめの部署です!