総合証券からマネックス証券に転職して驚いたこと

f:id:monex_engineer:20190823132434p:plain

こんにちは、システム開発部 開発グループの水口です。

私は2018年末に現在のマネックス証券に中途入社しました。

今回は、私の経験をもとに、個人的に感じた総合証券とネット証券のシステム部の違いと入社して驚いたことを軸に「入社前のイメージ」「社内の雰囲気」「社内交流の機会」の3点をご紹介します。

転職活動の際に多くの人が感じているであろう「新しい職場環境に適応できるか」に対する不安を少しでも解消し、転職活動の参考にしていただけたらと思います。

前職の経験による入社前のマネックス証券に対するイメージ

私は前職で、総合証券のシステム部門にてシステム開発・保守を担当していました。商品開発部やトレーディング業務部がある部屋の、あの常にピリついた空気感がいまだに記憶に残っています。これが証券会社なのかと思わせるような雰囲気で、それは仕事のスピードと正確性を意識させる要素として、良い緊張感だったのだと今は思います。

その環境下で、私が個人的に感じたシステム部の印象は、営業や業務部が調達した資金を使い業務をするためか、常に営業や業務部門の尻に敷かれている状態で、証券業務のサポート役であるシステム部門は、部門別ヒエラルキーの最下層にあるように感じていました。従って同じ組織でも業務のやりづらさを感じていました。

ネット証券とはいえマネックス証券のシステム部も、営業や証券業務部門との間に見えない溝があるのかなとイメージしておりました。

驚いたこと①一枚岩のような組織

入社前の勝手なイメージとは正反対で、ネット証券ゆえなのか、マネックス証券のシステム部門は業務部門ともフラットな関係であるように思えました。理由はさておき、各部門に壁は無く、少なくとも私には前職よりもシステム関連業務がしやすい環境であると感じています。

マネックス証券の職場環境は、証券業務部門とシステム部のみならず、社長や役員も同じ空間におり、コミュニケーションも取りやすいです。また、現在私が所属している開発グループにおいても、働く社員の経歴は、出身業界や国籍などはさまざまで、各々が意見を自由に発信できる風通しの良さがあります。

大手ネット証券でありながら、各人のバックグラウンドや所属部門に関わらず連携が取れた、一枚岩のような組織だと思います。

驚いたこと②誰でも簡単に作れる社内交流の機会

社内の雰囲気が良いと感じても、中途入社組にとって、早い段階で会社に溶け込むことができるかどうかは別問題だと思います。

しかしながら、現在のシステム開発部に関しては、私のように中途入社組も多いため、想像されているよりも比較的早い段階で馴染んでいただけると思います。

親睦を目的とした毎年開催されているプチお花見会(自由参加)などの社内イベントもあり、業務外でも交流の幅は広がることでしょう。

また当社には社員交流を目的とした部活動が盛んで、フットサルや卓球などのスポーツ系やドラクエ部やビリヤード部などジャンルは多種多様です。

私は個人的に興味のある「ブロックチェーン部」に所属しており、学びを通じて社員交流を図っています。ブロックチェーン部には、エンジニアに限らず財務部や経営企画部、同グループ会社のコインチェックの社員、各社の役員も在籍しております。現在の活動として、私はコインチェックのエンジニアとペアになり、あるテーマに沿って意見交換や研究をして、部内での発表の準備を進めています。

業務時間外での活動で、プライベートな時間を削るため大変な面もあります。しかしブロックチェーンに対して興味を持つメンバーが集まり、皆が真剣に取り組むからこそ、そこで新たな発見が見つかると同時に、社員の結束力も高まると思います。私のように社内交流のきっかけとして、部活動を利用してみてもいいと思います。

このような部活動の発足タイミングは様々で、誰かが社内メール等でつぶやいた趣味の話題などに興味関心が集まり、各社員が名乗りを上げて発足することもあり、簡単に社員交流の機会を作ることができます。

 

今回、「新しい職場環境に適応できるか」に対する不安を取り除く、そのとっかかりとして社内の雰囲気と部活動を紹介しましたが、私自身が入社して約半年であるため、その他にもまだまだ交流の機会はあると思います。

当社への入社をご検討されている方、本文を通じて、少しでも不安を取り除き、入社後のイメージを持っていただくことができたら幸いです。

f:id:monex_engineer:20190823131554p:plain
水口 淳矢システム開発部 開発グループ

投資経験ゼロなのに証券会社に入社して投資をはじめてみた

f:id:monex_engineer:20190910111405j:plain

 

こんにちは。マネックス・ラボ 渡瀬です。

私はマネックス証券に入社する前は投資経験は全くありません。
当時ちょうどスタートしたばかりのNISA口座も当然開設していませんでした。
投資とは無関係の業界からシステム関連というだけで移ってきましたので。

配属先は先進的なフロントの実現に向けたシステム開発、技術動向、金融工学の調査・研究をしているというマネックス・ラボでした。様々なサービスを提供している部署なので、実際にサービスを使ってみよう、と思うまでに時間はかかりませんでした。
事前の届出をして、マネックス証券の口座開設とNISA口座の開設してスタートです。

そもそも証券会社の社員は株取引できるのか?

意外かもしれませんが、証券会社の社員の取引は、法律では禁止されていません。
ただし、日本証券業協会の定める規則により、証券会社の役員・従業員が、デリバティブ取引を行うことが禁止されています。他にも上場会社の株式等について、短期売買を制限すること、売買に際して証券会社の事前又は事後の承認を得ることが求められています。
ETF(上場投資信託)」や「上場不動産投資信託(REIT)以外の投資信託」は自由に取引ができます。
「上場不動産投資信託(REIT)」、「預託証券(JDR)」、「上場投資証券(ETN)」は申告制となっています。取引は各証券会社の社内規定によって他に制限があることもあるようです。

口座開設した後にやったこと

口座開設後はまずは口座に入金をしました。

入金方法はいくつかあります。

  • インターネットで入金
  • 銀行振込で入金
  • マネックスセゾンカードでATM入金
  • 定期自動入金

私は入金手数料が無料のインターネットバンキングで5万円を入金しました。

どんな取引から始めたの?

事前の申請は面倒..何より初めての投資なので、どの銘柄に投資したらいいかわからない。なんとなく好きな会社、とか選んだとして、申請を提出する相手は百戦錬磨の投資のプロたち。今のタイミングでこの銘柄..と、思われるかもしれない、恥ずかしい。

株からは離れて、申請が不要な投資信託にすることにしました。当社の投資信託のサイトではランキング一覧というページがあります。売れ筋ランキングを参考にすることに。もう一つ参考にしたのがファンド検索・商品一覧のページです。

  • 「ノーロード(申込手数料なし)」 + 「信託報酬率」(昇順)
  • 「ノーロード(申込手数料なし)」 + 「トータルリターン」(降順)

こんな検索で出てきたファンドをピックアップしてランキングに載っているか調べると人気の銘柄のようでした。ようやくインデックスファンド1銘柄を決定!

申込金額を入力すればすぐ購入できました。

投資を始めてみたら気にするようになったこと

当然ながら気になるのは資産の増減です。
リアルタイムの残高を見る場合は保有残高・口座管理、資産の推移も見たいので、朝一番にMONEX VIEWβで確認も欠かさず見るようになりました。
blog.tech-monex.com

あとは国内外のニュースをBloombergを見るようになりました。インデックスファンドは、あらかじめ決められた指数(ベンチマーク)と同じ値動きを目指して運用されるので、ニュースのネタによっては影響を受けます。

現在は

その後、米国の株や債券に投資する投資信託ETF選択し、いい感じのポートフォリオを組んでいます。なぜいい感じか分かるかというと、現在のポートフォリオのスコアはこちらをご覧ください。92ポイント。
これはMONEX VISIONβの現在のポートフォリオです。目標とするポートフォリオを100ポイントとし、現在のポートフォリオのスコアを、目標ポートフォリオとの差から独自に点数化したものです。

f:id:monex_engineer:20190910110856p:plain

現在のポートフォリオ

もう一つ。こちらは俺の投資力診断の結果です。縦が収益率・横が標準偏差で、他のお客様と比較して相対的に表示した散布図です。そこそこ堅実にいけているのではないでしょうか。

f:id:monex_engineer:20190910124813p:plain

俺の投資力診断の結果


 

渡瀬 桂システム開発マネックス・ラボ

取引のクセを診断してくれるAIサービス

マネックス証券には、様々なお客様支援のツール、サービスがあります。

マネックス・ラボの記事もご覧ください、色々載っています。)

「トレードカルテFX」はFX取引におけるお客様個人の取引のクセを

診断してくれるAI(人工機能)が搭載されたサービスです。

そんなトレードカルテFXをシステム開発部の小笠原が紹介します。

 

トレードカルテFXの特徴

私も証券会社に入る前はFX取引を行っていたことがあります。

保有しているポジションがある程度プラスになれば、よし、決済~!

保有しているポジションがマイナスになれば、はい、しばらく塩漬け~

損切りできないタイプです)

マイナスでもスワップである程度マイナス分が取戻せれば、決済~

など感覚で取引をしており、自分の取引のクセなど全く把握していませんでした。。

トレードカルテFXはFX取引のパターンを5つに分類し、お客様一人一人の取引を

分析してどのパターンに所属するのかを診断してくれます。

自分では感覚で行っていても何かしらのパターンがあり、それを示してくれるのです。

さらに、目標とする取引パターンに向けたロードマップを提示してくれます。

このサービスを使えば利益が出る、というものではないのですが、

自分の取引のクセを知ることで安定した取引を行ったり、自分のクセに合わせた

取引ルールを設けたりすることができるのです。

 

f:id:monex_engineer:20190903140237p:plain


証券会社はただ単に株を売る、だけでは競合他社との差別化は図れないため

新しいサービスを開発したり様々な技術を持った会社と協力して新しいサービスを

提供していく必要があります。 

トレードカルテFXも、AIで有名な会社と協力して作ったサービスです。

診断されるには、ある一定の取引を行う必要がありますが、口座開設をされている

お客様には無料で提供していますのでぜひご利用ください。

マネックス証券での働き方

マネックス証券ではある程度の自分の裁量で仕事を行うことができ、

月毎の勤務時間を超えればコアタイム以外の勤務は調整が可能です。

(フレックス制度利用の場合)

また、土日祝日もゆっくり休めることが多いです。

そんなわけで、8月のある週末に富士山に登ってきました。

富士山からのご来光は絶景です。

f:id:monex_engineer:20190903140358p:plain